ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

比嘉、沖縄県民栄誉賞を辞退 体重超過で王座はく奪

4/16(月) 18:13配信

朝日新聞デジタル

 体重超過で世界ボクシング評議会(WBC)フライ級の王座を剝奪(はくだつ)され、15日の試合でTKO負けを喫した比嘉大吾選手(22)=白井・具志堅スポーツ=と所属ジムの具志堅用高会長(62)が、17日に表彰式が予定されていた沖縄県の県民栄誉賞を辞退した。県が16日、発表した。

 比嘉選手は、15日の試合に日本新記録の16戦連続KO勝利がかかっていた。県は2月20日の時点で、2人への県民栄誉賞授与を決めていた。

 翁長雄志(おながたけし)知事は「お二人の気持ちにも配慮し、表彰式は行わないこととしました。お二人にはぜひ、県民栄誉賞を受けていただきたいと考えておりますので、今後の対応について、お二人とも相談しながら進めていきたいと思います。比嘉選手はまだ若く、県民も今後に期待していますので、さらに精進し、これまで以上に活躍されることを期待しております」とのコメントを出した。

朝日新聞社