ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

“踏み忘れ男”オリ・マレーロ“神業”生還 タイミングは完全にアウト

4/16(月) 8:23配信

スポニチアネックス

 ◇パ・リーグ オリックス7―0日本ハム(2018年4月15日 ほっと神戸)

 5回の先制の場面。若月の右前打で三塁走者に続き、二塁走者のオリックス・マレーロも本塁を狙った。タイミングは完全にアウトだったが、諦めない。

 左の足先を上げて捕手のタッチを避けた。判定はセーフ。日本ハム・栗山監督のリクエストを受けても変わらなかった。「正直覚えていないんだ。映像を見てもらった方がいい」。昨季は来日1号が本塁踏み忘れで幻になった男が、必死のプレーで今度は“本塁の神様”に愛された。