ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

長谷川穂積氏がジム開設=ボクシング元世界3階級王者

4/16(月) 17:50配信

時事通信

 プロボクシングで世界3階級制覇を成し遂げた後の2016年12月に引退した長谷川穂積氏が16日、神戸市内にジムを開設した。ボクシングとフィットネスの専用施設。引退後も朝のロードワークなどを続ける長谷川氏は「僕は今でもボクサー。もちろん教えることが目的だが、一緒に練習したい」と語った。

 長谷川氏は16年9月、35歳9カ月で世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級王座を奪取して3階級制覇を達成。その3カ月後に王者のまま引退した。ジム開設日(4月16日)は、初めてWBCバンタム級王者になった2005年の同じ月日にこだわった。

 長谷川氏は「ボクシングの底辺を拡大できたらいい」と抱負を述べた。 

最終更新:4/16(月) 17:55
時事通信