ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

KDDI、睡眠改善ソリューションと「au HOME」を活用した社内実証実験を実施

4/16(月) 16:06配信

Impress Watch

 KDDI株式会社は16日、睡眠センシング技術および簡易評価アルゴリズムの開発を行う株式会社ニューロスペースが提供する睡眠改善ソリューションを用いた実証実験を、4月中旬より一部の社員を対象に実施すると発表した。

 睡眠改善ソリューションは、睡眠計測デバイスにより計測されたデータを、ニューロスペースが開発したAIが解析を行い、アプリケーション上で睡眠を見える化するほか、利用者1人ひとりに最適な睡眠改善助言を提供するサービス。

 実証実験では、4月中旬から数週間、KDDI社員から募ったモニターを対象者として、睡眠計測デバイスと睡眠改善助言を提供するモバイルアプリ、ホームIoTサービス「au HOMEデバイス」の温度・湿度・照度が計測可能な「マルチセンサー01」を配布する。

 これにより、モニター対象者が自宅の寝具に設置した睡眠計測デバイスから得られる日々の睡眠データを解析すると同時に、「au HOME」デバイスの「赤外線リモコン」を通じて睡眠に適した温度・湿度・照度調整も行い、睡眠の改善に必要な助言を行うことで行動変容を促す。

 KDDIでは、今回の実証実験は、社員が自身の睡眠を見える化でき、日々の業務遂行に必要な生産性向上につなげる重要な取り組みのひとつと考えていると説明。実証実験を通じて「通信×睡眠」の有用性を実証し、今後、KDDIが提供するホームIoTサービスやヘルスケアサービスなどと組み合わせた、新たなサービスの企画・開発を推進していくほか、「通信とライフデザインの融合」を推進するとしている。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:4/16(月) 16:06
Impress Watch