ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【タイヤレビュー】耐摩耗性の向上など“長持ち”がキーワードのダンロップ「エナセーブ EC204」

4/16(月) 16:42配信

Impress Watch

■“長持ち”がキーワード

 ダンロップ(住友ゴム工業)の低燃費タイヤブランド「エナセーブ」には5つの銘柄がラインアップされ、低価格のスタンダードなものからミニバン用、低燃費追求モデル、さらにはウェット性能を追求したものまで幅広く存在する。今回は、その中でもスタンダードモデルでモデルチェンジが行なわれた。これまでそのスタンダードモデルは「EC203」という銘柄があったが、それが「EC204」へとスイッチ。その進化を探ってみる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 EC204が大切にしたのは耐摩耗性についてだ。キーワードは“最後まで使える長持ちタイヤ”。ダンロップによれば、これまで交換されたタイヤのうち51%が偏摩耗を起こしていたというデータがあるのだという。主溝は残っているにも関わらず、アウト側ショルダー部分の摩耗が激しく交換に至ったということのようだ。ショルダー部分の溝がなくなってしまえば、コーナリングする際に滑り出す恐れがあることは明白。瞬間的にそれが訪れる可能性も高いだけに、主溝が残っていたとしても交換するのは仕方がないところだろう。

 より長く使うためにはどうしたらよいのか? そこで行き着いたのが非対称パターンの採用である。新たなEC204は、アウト側のブロック剛性を高めることで、ショルダー部分のヨレを軽減。対称パターンだった旧製品のEC203に対してシーランド比(溝の部分を海に見立てたsea、接地するブロック部分を島に見立てたislandとした割合)を4%向上させている。すなわち、接地面積を拡大することで接地圧を分散させ、摩耗を軽減しようとしたわけだ。

 さらに、新プロファイルを採用して四角に近い形状だった接地形状を丸くすることで、コーナリング時にアウト側にかかり過ぎていた接地圧を軽減している。どんな走行状態であったとしても、接地圧をできるだけ均一化しようという工夫が長持ちに繋がっているのだ。こうした苦労の甲斐もあって、耐摩耗性能は4%向上。耐偏摩耗性能については16%も引き上げられたというから興味深い。経済性に敏感なユーザーが多いスタンダードモデルにおいて、見た目の価格だけでなく実質的なコストを抑えたことは素晴らしい。

■進化したのは耐摩耗性だけではない

 そんなEC204を旧製品と比較しながら試乗してみると、少ないステアリングの操舵角でクルマが反応をすることが感じられる。おかげで同じコーナーでも操舵角は少なく、結果としてタイヤに負担をかけずに旋回できていることが分かる。

 また、旧製品のEC203はニュートラル付近の曖昧さがあり、片手でステアリングを握っている状況は避けたくなるところがあるのだが、EC204にはそれがない。直進安定性の高さについても向上していることは明らかだったのだ。さらに、音や乗り心地にザラつきを感じることがなくなったところも好感触。

 吸音スポンジを採用するなどして静粛性に拘った低燃費タイヤ「LE MAN V(ル・マン ファイブ)」と比べてしまうと、弾けるような高音はやや感じるものの、それにずいぶん近づいたのだと感じる部分もある。耐摩耗性の話だけでは終わることのない進化がEC204には存在していた。

Car Watch,橋本洋平

最終更新:4/16(月) 16:42
Impress Watch