ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<セクハラ>傍観した被害女性の上司処分 兵庫・川西市

4/16(月) 19:43配信

毎日新聞

 兵庫県川西市は16日、解職した本荘重弘元副市長(61)が20代の女性職員にセクハラをするところを止められなかったとして、女性の上司だった男性職員を戒告の懲戒処分にした。

 市職員課によると、処分されたのは健康増進部の副部長級の50代職員。当時は市民生活部の室長級で女性の直属の上司に当たり、本荘元副市長が昨年9月、大阪府池田市内のカラオケ店で女性とデュエットした際、手を握るなどしたところにいた。

 女性が直後から休職。本荘元副市長は同年11月に解職された。人事院の懲戒処分指針では、セクハラの行為者のみが処分対象だが、女性が現在も休職していることを重く見て、傍観した当時の上司を処分した。上司は「(セクハラを)止められなかった。迷惑を掛けてすみません」と話しているという。他に20代男性職員もいたが、管理職ではないため処分はしなかった。

 本荘元副市長は解職されたが、懲戒処分は受けていない。【石川勝義】

最終更新:4/16(月) 20:45
毎日新聞