ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

カンニング竹山、大杉漣さんは「親戚のおじさんみたいでした」

4/16(月) 9:55配信

スポーツ報知

 16日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)では、2月21日に急性心不全のため急死した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)のお別れ会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京・青山葬儀所で営まれたことを特集した。

【写真】大杉さんが応援していたヴォルティス徳島のユニホームもお別れ会の祭壇に飾られた

 大杉さんとの思い出を聞かれたコメンテーターのカンニング竹山(47)は「BSフジでやっていた番組のスタッフが、漣さんの散歩番組も担当していた。兄弟番組みたいになっていて交流をしていた」といい、「たまに会うと2人で散歩したりとか。1年に1、2回会う親戚のおじさんみたいでした」と懐かしんだ。

 ビビットMCのTOKIO・国分太一(43)は、日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」(木曜・後7時56分)の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります」で、大杉さんと共演していた。「席が隣だったので、お互いの好きなサッカーチームのことを語り合っていた」と振り返り、「だからこそ、今は(天国で)大好きなサッカーを存分に楽しんでもらいたい」と話していた。

最終更新:4/16(月) 9:59
スポーツ報知