ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

猿橋賞に寺川寿子氏=地震メカニズムを研究

4/16(月) 18:57配信

時事通信

 優れた成果を挙げた女性研究者に贈られる猿橋賞の今年の受賞者が、地震のメカニズム解明に取り組む寺川寿子名古屋大講師(49)に決まった。主催する「女性科学者に明るい未来をの会」が16日、発表した。

 寺川氏は地中の水やガスなどの「間隙(かんげき)流体」が、地震発生に与える影響を観測データに基づいて明らかにした。

 東京都出身。大学院で数学を専攻し民間研究所に勤めたが、地震研究に関わったことを機に退職。32歳で東京大大学院に進み、10歳下の学生に交じって研究を深めた。

 都内で記者会見した寺川氏は「誰も知らなかったことを知るとワクワクする」と研究の醍醐味(だいごみ)を語った。東日本大震災で社会との関わりを深く考えたといい、「地震の仕組みを少しずつでも明らかにしたい」と話した。

 授賞式は5月26日、都内で行われる。 

最終更新:4/16(月) 19:05
時事通信