ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

父葬儀参列の白鵬 春巡業に再合流「ほっとしたらため息が出る」

4/16(月) 16:19配信

デイリースポーツ

 大相撲の春巡業が16日、東京・靖国神社で行われ、父ジジド・ムンフバト氏の葬儀参列のためモンゴルに一時帰国し、15日に再来日した大相撲の横綱白鵬(33)=宮城野=が再合流した。

【写真】白鵬 沈痛「親を超える子はいない」

 最愛の父の死去から1週間、横綱奉納土俵入り、取組と務めを果たした。「帰ってきたという気がします。居場所はここかな。仕事をしなくちゃ」と、しんみりと話した。

 ムンフバト氏はモンゴル相撲の横綱で、レスリングでも1968年メキシコ五輪で銀メダルを獲得し、同国に初のメダルをもたらした国民的英雄。13日の葬儀前日には大統領が自宅に弔問。ウランバートル市内にあるモンゴル相撲の旧国技館で営まれた葬儀には関係者1500人が見守ったという。「ほっとしたらため息が出る」と、癒えぬ悲しみ。「春巡業で精進し夏場所(5月13日初日、両国国技館)に出て行かないと。心と体を一致させないといけない」と、気丈に前を向いた。