ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【舩越園子の目】小平初Vを米関係者は予感していた

4/16(月) 16:45配信

デイリースポーツ

 「米男子ゴルフ・RBCヘリテージ・最終日」(15日、ハーバータウン・リンクス=パー71)

【写真】妻も喜び爆発「おめでとうございます」連続投稿

 「KODAIRA」の名が米ゴルフ界で意識され始めたのは今年3月のマッチプレー選手権2日目だった。強豪フィル・ミケルソンと対戦した小平は大方の予想を覆し、4アップまでリードを広げて大善戦した。

 そのマッチを眺めていたらノタ・ビゲイが近寄ってきた。かつてスタンフォード大学ゴルフ部でタイガー・ウッズとチームメイトだったビゲイは米ツアー4勝の後、現在はTVリポーター。実体験と優れた目を持つ彼の解説には定評がある。「コダイラ?僕は好きだなあ。いいスイング、いい顔でプレーしている。今後ビッグになる予感がする」。

 米ツアーのメディアオフィシャルも「フィルに勝ったらコダイラの会見やりたい」。結果的にミケルソンに終盤で追いつかれ、小平は逆転敗北。会見も無くなってしまったが、ミケルソンも「コダイラサン、グレート!」と絶賛。小平自身も「自信になった」。彼がスポットライトを浴びる準備と兆しは3月ごろには見え始め、気付く人は気付いていた。

 米ツアー・ノンメンバーでいきなりヘリテージ初優勝は「サプライズ」の声も聞かれる。だが、小平の優勝は起こるべくして起こった努力の結実。静かにうなずいている選手や関係者は想像以上に多い。(在米ゴルフジャーナリスト)