ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ソニー、小型A5サイズのデジタルペーパー「DPT-CP1」

4/16(月) 17:52配信

Impress Watch

 ソニーは、PDFなどの電子文書を紙のように読み書きできる電子ペーパー端末「DPT-CP1」を6月上旬に発売する。価格はオープン価格だが、市場推定価格は7万円前後(税別)となる見込み。

【この記事に関する別の画像を見る】

 初代モデル「DPT-S1」や発売中の「DPT-RP1」がA4サイズ相当であったのに対して、「DPT-CP1」は一回り小さいA5サイズに相当する10.3インチ、1872×1404ピクセルの電子ペーパーディスプレイを搭載する。

 大きさは約243.5×174.2×5.9mm、重さ約240gで、A5サイズの電子ペーパー端末としては最薄最軽量としている。

 16GBの内蔵メモリを搭載し大量の電子文書を手軽に持ち運ぶことができるほか、ペン先の滑りを抑え適度な抵抗感を持たせた「ノンスリップパネル」の採用により、紙に近い書き心地を実現した。

 従来機種と同様のPCからのファイル転送に加え、新たに提供されるAndroid/iOS向けアプリ「Digital Paper App for mobile」を用いて、スマートフォンからのPDFファイルの転送や、DPT-CP1で作成した手書きドキュメントの共有が可能になる。

 連続駆動時間はBluetooth/Wi-Fiをオフにした状態で約3週間、Wi-Fiをオンにした状態で約1週間。充電時間は付属のUSBケーブルを使用して約5.5時間、別売りのACアダプターを使用すると約3.5時間で充電できる。

 DPT-CP1は業務用製品という位置付けだが、個人向けにもソニーストアで販売される見通し。

ケータイ Watch,細田 頌翔

最終更新:4/16(月) 17:52
Impress Watch