ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

渡辺直美 24時間テレビ初「チャリTシャツプロデューサー」就任

4/16(月) 21:40配信

スポニチアネックス

 日本テレビ「24時間テレビ41」(8月25、26日)のチャリティーTシャツ「チャリTシャツ」を、お笑いタレント渡辺直美(30)が手掛けることが16日、分かった。同日放送の同局バラエティー番組「人生が変わる1分間の深イイ話/しゃべくり007」(月曜後9・00)内で発表された。渡辺は24時間テレビ史上初の「チャリTシャツプロデューサー」に就任する。

【写真】ガッキーが着る2013年の「チャリTシャツ」は嵐・大野&奈良美智氏がコラボ

 ファッションの知識、センスや人脈を生かして、チャリTシャツのコンセプトやデザイナーの決定、PR展開などの総指揮を執ることになった渡辺は「今までにいただいたお仕事のなかで一番びっくりしました。楽しみ、喜び、悲しみ、爆笑、怒りなどいろんな気持ちがデザインに入って、“それが人生”というTシャツにしたいと思います。ゼロから頑張っていきたいと思いますので、みなさんお楽しみに!!」と意気込んだ。

 今年の24時間テレビはアイドルグループ「Sexy Zone」がメインパーソナリティーを務める。テーマは「人生を変えてくれた人」で、運命的な出会いのエピソードの数々を紹介する予定。

 Tシャツに込める思いを問われ、「『人の支えあい』を大きなテーマにしたいです」と話した渡辺。視聴者に向けて「チャリTシャツには私の思いと、24時間テレビの思い、そしてSexy Zoneのみなさんの思いを形にしていきたいと思います。ゼロから頑張っていきたいと思いますので、みなさんお楽しみに!!」とメッセージを送った。

 17年の「24時間テレビ40」チャリティーTシャツ(チャリTシャツ)は、2020年東京五輪・パラリンピックの大会公式エンブレムの作者、野老朝雄氏が手掛けた。正三角形と正方形を幾何学的に組み合わせて「花」を表現したデザインだった。