ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

DOBERMAN INFINITYの“譲れないこと”とは?品川ヒロシがSWAYのバスケ姿称賛

4/16(月) 22:29配信

映画ナタリー

DOBERMAN INFINITYのショートムービー「OFF ROAD THE MOVIE」の先行上映会が、本日4月16日に東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて開催。DOBERMAN INFINITYのメンバー5人と監督を務めた品川ヒロシ(品川庄司)らが登壇した。

【写真】左からKAZUKI、P-CHO、GS、KUBO-C。(他13枚)

「OFF ROAD THE MOVIE」は、4月18日リリースのニューアルバム「OFF ROAD」の初回限定盤に収録される作品。アルバムリード曲「OFF ROAD」をモチーフに、1人の男の成長物語が描かれる。本作で演技初挑戦となったKUBO-C、GS、P-CHO、KAZUKIの4人について、品川は「お芝居をやるとなって、『セリフ書いていいんだよね?』って聞いたらもじもじしてなすり付け合ってて(笑)。だから、セリフの分配は僕が決めたんじゃないんですよ」と話し、ファンの笑いを誘った。

KUBO-Cは「手応えしか感じてませんね!」と自身の演技を自画自賛してみせたものの、今後の役者仕事については「オファーが来たら考えさせてもらって……たぶん断ると思います(笑)」とトーンダウン。主演を務めたSWAYは、前回品川とタッグを組んだ「to YOU」のミュージックビデオと比較し「セリフの量は確実に(前回より)多かったので、現場で『覚えてません』ってことがないように心がけました」と語る。また品川から「めっちゃうまかった」と絶賛されたバスケットボールのシーンについては「たくさん練習したかったんですけど、結果一度だけで……(笑)」と謙遜した。

イベントでは来場者からの質問に答えるコーナーも。「『OFF ROAD』のテーマでもある『自分らしい、ここだけは譲れないこと』はありますか?」という問いにDOBERMAN INFINITYの5人が回答した。KAZUKIは「大雑把なところですかね」と答えるが「それ、譲れないこと?」というツッコミに「あ、譲れるなあ(笑)。じゃあ日焼けですかね」と翻し、P-CHOは「音楽愛ですね。ここは譲れないです」ときっぱり。サウナが好きだというGSは「同じタイミングで入った人よりも先に出ません」とこだわりを明かした。

イベントにはこのほか小川菜摘、木村祐一、ギンナナの金成公信とキクチケンイチ、ニブンノゴ!の大川知英と森本英樹、金田哲(はんにゃ)も出席。最後には4月26日に誕生日を迎える品川にサプライズで花束が贈られ、大きな拍手の中イベントは幕を閉じた。

最終更新:4/16(月) 22:29
映画ナタリー