ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【東京六大学準硬式野球】明大1年生前田が好投

4/16(月) 17:13配信

スポーツ報知

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 明大4―1立大(16日・早大東伏見)

 明大が接戦を制した。2回、池尾俊祐(3年=岐阜城北)の適時打などで2点を先制すると、4回にも栗原敬昌(3年=高崎)の中前打で1点を追加。立大も6回、忠平陵雅(4年=狭山ヶ丘)の右前打で1点を返すが、明大は8回、代打・中村潤耶(4年=福井商)の左前適時打でダメ押しの1点を加えると、7回を1失点にまとめたリーグ戦初登板初先発の前田剛志(1年=札幌第一)から石崎海斗(3年=佐倉)につないで逃げ切った。

 明大・前田剛志「初めての試合で緊張しましたけど、捕手の奥居さんをはじめ、まわりの人たちのおかげでリラックスして投げられました」

最終更新:4/17(火) 19:42
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/20(金) 10:30