ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

佐久間由衣、ロングの茶髪とギャルメークで別人に変身「ありがたい経験」

4/16(月) 16:00配信

オリコン

 女優・佐久間由衣が、カンテレ・フジテレビ系ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(毎週火曜 後9:00)第2話(17日放送)にゲスト出演する。ショートカットの黒髪で、ナチュラルメイクのイメージの強い佐久間が、トレードマークをすべて封印。今回は胸あたりまである長い茶髪に、ギャルメークで、これまでのイメージをがらりと覆すような役に挑んだ。佐久間も「普段の自分の容姿とは変えて挑戦できたのはありがたい経験でした」と、振り返った。

【場面写真】よりギャルっぽいカット

 同ドラマは、坂口健太郎演じる主人公の三枝健人が、無線機を通じてつながった“過去”の刑事・大山剛志(北村一輝)と長期未解決事件に挑むヒューマンサスペンス。佐久間が演じるのは、過去に手を出した薬物から抜け出せなくなっていた北野みどり。勤め先のラーメン店の常連でもある大山に薬物から足を洗うきっかけを作ってもらったことで、将来の夢を持てるようになる。信頼を寄せる大山の前では、元気あふれる笑顔を見せる。

 今回の役・みどりについて佐久間は「とてもまっすぐな女の子」と分析した上で「まっすぐな故に危なっかしいところがあり、演じていても喜怒哀楽を素直に感じながら、初日から楽しんでお芝居させてもらいました」と、感想を語った。

 信頼を寄せる大山の前では、元気あふれる笑顔を見せるみどりは、物語にどう絡んでくるのか。「過去と現在がつながったことで、それぞれが変わっていってしまう切なさを、出演者として体感させてもらいつつ、自分自身も考えさせられました。ぜひ、最初から最後までしっかりと観ていただきたいです」と、アピールしていた。

最終更新:4/16(月) 16:00
オリコン