ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

練馬区長に前川燿男氏再選

4/16(月) 1:01配信

産経新聞

 任期満了に伴う東京都練馬区長選は15日、投票が行われ、即日開票された。無所属で現職の前川燿男氏(72)=自民、公明、民進推薦=が、いずれも新人で元都議の松村友昭氏(73)=共産推薦、フリーライターの田中将介氏(25)、元中学・高校教諭の大木武夫氏(66)の3人を破り再選を果たした。当日有権者数は59万3216人、投票率は31・38%。

 前川氏は1期4年間の子育て支援、高齢者福祉や医療の充実の実績と、地域産業や都市農業の振興などをアピールしたのに対し、新人3氏は区民本位の行政などを訴えたが及ばなかった。

 同時に行われた区議補選(欠員5)は新たな顔ぶれが決まった。

最終更新:4/16(月) 1:01
産経新聞