ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

月9初出演の東出昌大、強みは自身を消す役作り/芸能ショナイ業務話

4/16(月) 15:06配信

サンケイスポーツ

 俳優、東出昌大(30)が9日にスタートしたフジテレビ系「コンフィデンスマンJP」(月曜後9・0)で月9初出演を果たした。7日のサンケイスポーツ紙面でドラマへの思いなどをたっぷり語ってくれたが(サンスポコムのサイト内でも見られます)、ここでは紙面に入らなかったこぼれ話を少しだけ。

 東出は「コンフィデンスマンJP」で女優の長澤まさみ(30)、俳優の小日向文世(64)と初共演。長澤については「日本語が片言の外国人役や、もごもごしゃべる山形弁とかいろんな役にふんするけど、キャラクターの色を完全に変えてくるので上手だなと思う」。一方の小日向は「いろいろな引き出しを持っている。間だったり、何もしないで見ている人がおもしろいという、分かりやすい技術じゃなく老練の技がある大先輩」と尊敬のまなざしだ。

 ドラマでは東出、長澤、小日向の3人が詐欺師役に挑戦。自身が演じるボクちゃんについては「最初お話があったときは、ヘタレなんだけど詐欺の腕はうまくて…という印象。『さすがだな』というところがないと視聴者はおもしろくない」と説明する。

 だが、「役柄的には『オーシャンズ11』(2001年の米映画)のマット・デイモンのような、ヘタレなんだけど天才的な腕を持ってるということかなと想像して現場に行ったら、そうでもねえぞと(笑)。仲間にすらだまされているという…」と当初思い描いた役柄とは違ったようだ。

 だましつつ、だまされるという難役には「だからこそオリジナルだなと。詐欺師の名作映画はたくさんあるけど、ボクちゃんは詐欺ものなのに新しいのかな。(脚本の)古沢(良太)さんならではだなと」と、映画「寄生獣」やフジ系「リーガルハイSP」(共に14年)以来4年ぶりの古沢脚本に心を躍らせた。

 ドラマでは、20人以上の変装を披露する長澤の“コスプレ”が話題だが、東出も悪徳大富豪をだますためにさまざまな人物になりきる。映画「聖の青春」(2016年)で棋士、羽生善治(47)を演じたように、どの作品でも「東出」を消して役になりきれるのが彼の強みでもある。

 5月8日にフランスで開幕する「第71回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に、主演映画「寝ても覚めても」(濱口竜介監督)の出品が決まった。目の肥えた現地の映画ファンは、東出を知らない人も多いだろう。「東出」抜きの演技だけでどれだけ魅了してくれるか楽しみだ。(レッツー)