ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

女子代表がゴールド主体の新ユニホーム披露 8月の世界選手権で「新ユニホームで強い日本をアピールしたい」 ソフトボール

4/16(月) 17:40配信

産経新聞

 日本ソフトボール協会は16日、女子の世界選手権(8月2~12日、千葉・ZOZOマリンスタジアムなど)日本代表を発表し、エースの上野由岐子(ビックカメラ高崎)ら17人を選出した。東京都内で行われた記者発表には、東京五輪での金メダル獲得への決意を秘めて採用されたゴールド主体の新ユニホームも披露された。

 選手らは東京モード学園の生徒にメークをしてもらい、ファッションショーのようにステージを歩く演出で盛り上げた。上野は「世界選手権は東京五輪の前哨戦。新しいユニホームでより強い日本をアピールしたい」と意気込んだ。

最終更新:4/16(月) 17:40
産経新聞