ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【フローラS】ハービンジャー劇場だ!ノームコア大躍進

4/16(月) 17:16配信

サンケイスポーツ

 春の東京が開幕、22日にはオークスTR「第53回サンスポ賞フローラS」が行われる。樫本番での桜花賞組との戦いに向けて、注目を集めるのがフラワーC3着馬ノームコアだ。先行力と中距離適性を武器に、昨年の1、2着馬同様にハービンジャー産駒が暴れるか。

 確実な成長曲線を描くノームコアが満を持してTRに臨む。スローペースのフラワーCでも2番手から折り合い十分。阪神JFと桜花賞で4着のトーセンブレス(2着)に次ぐ3着に粘った。デビュー連勝から半年ぶりの実戦でも確かな地力と中距離適性を証明し、「久々でもよく頑張ってくれた」と、萩原調教師も手応えをつかんだ。

 これまでの3戦はすべて小回り。直線の長い東京へガラリと舞台が替わるが、期待できるのはハービンジャーの血だ。昨年のフローラSは、同じ父のモズカッチャンとヤマカツグレースがワンツー。同産駒は2015年以降の芝2000メートルで、中山が【13・13・11・102】勝率9・4%/連対率18・7%なのに対し、東京は【8・5・7・41】同13・1%/21・3%と、その血は存分に舞台映えする。

 成長力もあり、2戦連続10キロ以上の馬体増。この中間もふっくらとしている。先週のWコースでも馬なりのままラスト1F12秒8の伸びを見せ、仕上がりは十二分だ。

 「東京へのコース替わりと、距離も1F延長されますが、どんな競馬をしてくれるか」と、トレーナーも期待感十分。フラワーC3着からフローラS優勝となれば、思いだされるのは10年のオークス馬サンテミリオン(アパパネと同時優勝)。同様のムードが漂い始めている。(夕刊フジ)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ