ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

(朝鮮日報日本語版) ドルイドキング:「操作記事リストを金慶洙議員に送った」

4/16(月) 11:00配信

朝鮮日報日本語版

 インターネット大手検索サイトのニュース記事の一部コメントに「いいね」を大量に付けたとして与党「共に民主党」の党員(49)が逮捕されたが、この党員は逮捕されるかなり前から同党の金慶洙(キム・ギョンス)議員とメッセンジャープログラムを使って何度も連絡を取り合っていたことが分かった。警察のある関係者が15日に明らかにしたところによると、逮捕された党員はメッセンジャープログラム「Telegram(テレグラム)」を使って昨年の大統領選挙前から今年の初めまで金議員と数百回にわたりやりとりを行っていたという。またこのやりとりでは主にいいねの数を操作する記事の目録を送っていたようだ。

 ネットやブログなどで「ドルイドキング」というハンドルネームで知られるこの党員は警察の取り調べで「いいねの操作は(今回だけでなく)2016年からやってきた」と供述しているという。党員の逮捕容疑は「今年1月に平昌冬季オリンピックの女子アイスホッケー南北合同チーム関連の記事に付いた政府批判の書き込みに、特殊なプログラムを使っていいねの数を不当に多くした」となっている。しかし党員は警察での供述を通じ「昨年の第19代国会議員選挙の際にも違法行為をやった」と自ら供述した。ネイバーのパワーブロガーとしても有名なこの党員は2017年の大統領選挙当時、ネットで文在寅(ムン・ジェイン)大統領や共に民主党を支持する書き込みを行っていた。

 党員は逮捕される前の先月14日、自らのフェイスブックに「2017年の大統領選挙書き込み部隊の本当の黒幕が誰か知っているか。本当に教えてやろうか」などと書き込んでいた。さらに「あわてるな。表は善良そうな顔をして、裏では汚いことをやっているやつらがニュースのメインになり、おまえたちがびっくりする日がもうすぐ来るだろう」とも明かしていた。大統領選挙の際に「ネット書き込み部隊」が存在し、その背後に有力者がいることをこの時からちらつかせていたのだ。

1/2ページ