ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

就活生の黒いリクルートスーツはNG? 面接慣れしたビジネスパーソンはどこを見るか

4/16(月) 9:45配信

投信1

就職活動がいよいよ佳境に入ってきたという就活生の方もいるのではないでしょうか。そのためか、大手町などのビジネス街にはリクルートスーツの学生が目立ちます。ただ、その姿にちょっとした違和感を感じるビジネスパーソンもいるようです。

大手金融機関に長年勤務し、上場企業の役員などと接する機会が多かったA氏はこういいます。

「黒いスーツは通常は冠婚葬祭で着用するもの。面接に黒い色で来られると、何かドキッとします」

また、大手輸送サービス会社で広報などを担当していたB氏もこういいます。

「大きなイベント等でお客様の案内をする社員が黒色のスーツを着用することはありますが、就職活動の学生が面接用に黒いスーツを着ているのには違和感を覚えます」

このように、昨今は黒のリクルートスーツをよく目にしますが、一部のビジネスパーソンには疑問を持たれているようです。

リクルートスーツは何色を選ぶべきか

では、リクルートスーツはどのような色を選べばよいのでしょうか。

A氏はこういいます。

「あまりカジュアルになり過ぎるのも問題ですが、個人的な意見も含めて申し上げると、チャコールグレーやネイビーブルーのスーツであれば、就職活動の面接でもそれほど違和感があるということにはならないと思います」

「チャコールグレーの場合、人によりますが、年齢がやや上に見える雰囲気も出せます。日頃、実年齢より若く見られるが、面接では頼りがいのある印象を与えたいという人はチャコールグレーを試してみてはどうでしょうか。一方、若々しく見せたいというのであれば、ネイビーブルーのスーツが選択肢として挙がるでしょう」

「ただ、面接をする企業の従業員のスタイルやカラーを想定して、それに合わせるという姿勢が基本的には必要です。これは社会人になっても同じです」

就活生がこぞってチャコールグレーのスーツを着用するようになれば、現在多くの学生が黒いリクルートスーツを着用しているのと同じになってしまい、学生間で差が出ないのではと聞くと、次のような答えが返ってきました。

「そんなことはないんですよ。意外なところで服装や見た目に気を使っているということは結構わかるものです。これはビジネスパーソンでも同じですね」

1/2ページ

最終更新:4/16(月) 9:45
投信1