ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【映像】米英仏3カ国シリアに報復 ミサイル100発超を発射

4/16(月) 12:09配信

AP通信

ワシントン、4月16日 (AP)― シリアのアサド政権による化学兵器使用への報復として、米英仏3カ国は14日夜、首都ダマスカス近郊の研究施設や中部ホムスの化学兵器保管庫など3カ所に、合計100発を超えるミサイルによる攻撃を加えた。
 米は、東地中海や紅海、アラビア湾に展開中のミサイル巡洋艦や駆逐艦3隻と攻撃型潜水艦1隻から66発の巡航ミサイルを発射。また、B-1B戦略爆撃機2機が、シリア領空外から19発の長距離ミサイル攻撃を行った。
 英はキプロス島のアクロティリ英空軍基地から、8発の「ストーム・シャドー」空中発射型ミサイルを搭載したトーネードGR4戦闘機4機を発進させ、仏はフリゲート艦4隻と、同じく「ストーム・シャドー」ミサイルを搭載したミラージュ戦闘機とラファール戦闘機を出撃させた。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:4/16(月) 12:09
AP通信