ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

知的で清々しいエマ・ワトソンのフェミ金言

4/16(月) 7:09配信

ELLE ONLINE

4月15日(現地時間)に28歳の誕生日を迎えた女優エマ・ワトソン。映画『ハリーポッター』シリーズのハーマイオニー役で大ブレイクし、終了後も女優として大躍進。一方で、国連の親善大使として“He For She”キャンペーンを推進し、女性の権利を訴え続けている。そんな彼女が2014年9月、国連で行ったスピーチは、新たなフェミニズムムーブメントのきっかけに。バースデーをお祝いして、これまでエマが声高に放ったフェミニズムに関するインスピレーショナルな言葉をピックアップ。

【写真】エマ・ワトソンが行く!セレブ界でいちばんサステナブルなファッション道

「男性だから繊細であってはいけない、女性だから強くあってはいけない、というのはおかしいと思う」

“Both men and women should feel free to be sensitive. Both men and women should feel free to be strong.”

「私たちは、男性と同じくらい女性を評価し、尊敬し、崇拝する文化の中で生きるべき」

“We need to live in a culture that value and respects and looks up to and idolizes women as much as men”

「私の歯は美しくないし、私のカラダは棒のように細くないけれど、世間の美意識に惑わされることなく、ありのままの自分を大切にしたい。」

“I don't have perfect teeth. I'm not stick-thin. I want to be the person who feels great in her body and can say that she loves it and doesn't want to change anything. ”

最終更新:4/16(月) 7:09
ELLE ONLINE