ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

菅田将暉&橋本環奈『銀魂2(仮題)』続投決定! キャラクタービジュアルも公開

4/16(月) 7:03配信

ぴあ映画生活

実写版『銀魂』の続編『銀魂2(仮題)』のキャストとして、菅田将暉と橋本環奈が前作から続投することが決定。あわせて、キャラクタービジュアルが公開された。本作は、累計発行部数5,500万部を突破した空知英秋による人気コミック『銀魂』を、福田雄一監督が実写映画化したアクションエンタテインメント。

舞台は、パラレルワールドの江戸。宇宙からやってきた“天人(あまんと)”の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に、かぶき町で便利屋“万事屋銀ちゃん”を営む主人公・坂田銀時とその周りでおきる様々な事件を描く。

前作から引き続き、坂田銀時役を小栗旬が演じるほか、万事屋のメンバー志村新八役で菅田、同じく万事屋のメンバー神楽役で橋本、そして役柄不明で佐藤二朗が出演。

公開されたキャラクタービジュアルには、“続編って、プレッシャー2倍らしいよ。”(銀時)“お客さんも2倍だといいですよね。”(新八)“ロケ弁が2倍ならいいアル!”(神楽)というそれぞれのキャラクターにあったキャッチコピーとともに、『銀魂2(仮題)』にちなみ、ピースポーズをとる万事屋3人の姿が捉えられている。

なお、キャスト・監督からのコメントは以下の通り。

■コメント一覧
・小栗旬(坂田銀時役)
当初から福田さんからは何本かやりたいという話は伺っていたので、ありがたいことに前回お客さんが来てくれたおかげで、続けることができてよかったです。万事屋のふたりとはずっと連絡を取り合っていたので、久しぶりに会った感じはしませんでしたね。ふたりは冗談で「小栗家の長男と長女です」って言ってくれているみたいですが、僕の中では可愛い弟と妹みたいな感じです。

・菅田将暉(志村新八役)
前作の撮影の時にはもう続編をやろうと話していたので、僕らは自然と作るつもりでいました。続編の話はほかの作品でも話題にあがりますが、実現できることは数少ないのでとてもうれしかったです。今回、前作とは比べ物にならないほど小栗さんの自由度が上がっていて、本当に楽しそうでした。座長が自由で楽しく現場にいてくれると、僕らも楽しいです。橋本さんには前回より笑わせてもらいましたし、そんなふたりに挟まれている新八として、より居心地がよかったです。

・橋本環奈(神楽役)
『2』ではどんどん笑いのハードルが上がってきていることを強く感じて、色々なシーンの表情をすごく練習して撮影に入ったので、万事屋3人のシーンは「楽しい楽しい」と大笑いしながら和気藹々と演じる事が出来ました。続編だからこそ生まれる空気感や団結力がありました。いい緊張感を持ちつつ、ファミリー、家族感があって、みんなが楽しんで作っているという事を感じていました。とにかく面白い作品を作りたい意欲が強くて……だから、みんな輝いて見えました。

・福田雄一監督
前作を撮っている時から、松竹の寅さん、ハマちゃんのように、ワーナーの銀ちゃんみたいなことになりたいね、なんて話していたもので、お客様にたくさん入って頂き、また銀魂をやれることは本当に光栄で幸せです。今回、前作から引き続きのメンバーに加え、ずっとご一緒したかった役者さんにも来て頂き、本当にすごい映画になったと思います。役者陣がクランクアップのインタビューで声を揃えて「前作をはるかに超えた!」と言ってくれているらしいので、これからの仕上げにも気合いが入ります!

『銀魂2(仮題)』
8月17日(金)、全国ロードショー

最終更新:4/16(月) 7:03
ぴあ映画生活