ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

NMB48市川美織さん(久喜市出身)、地元・埼玉で卒業コンサート開催 少女から大人へ、駆け抜けた8年

4/15(日) 23:57配信

埼玉新聞

 アイドルグループAKB48、NMB48のメンバーとして活動してきた市川美織さん(埼玉県久喜市出身)が、5月1日の劇場公演でグループから卒業する。4月16日の午後6時30分からは、さいたま市大宮区の大宮ソニックシティで開催される自身の「卒業コンサート」で埼玉に凱旋する。「フレッシュレモン」キャラで駆け抜けた約8年の軌跡を聞いた。(森本勝利)

AKB48単独コンサート、さいたまSアリーナで開催 新チーム体制で初公演、埼玉出身メンバーも活躍

―AKB48に加入したきっかけは。

 子役として芸能活動はしていましたが、鳴かず飛ばずで…。芸能界に向いてないと思ったりもしました。その中で見つけたのがAKB48の10期生オーディション。これでダメだったら芸能界を諦めようと思って受けた最後のオーディションでした。

―AKB48チーム4時代の思い出について。

 活動当初は推されメンだったと思います。9期の島崎遥香さん(埼玉県出身)や島田晴香さんなどとお仕事する機会も多く、特に『有吉AKB共和国』(TBS)ではレモンキャラが定着しました。その当時から応援してくれているファンの方も数多いです。

―2013年のNMB48兼任発表、そして完全移籍(2014年)が発表されました。

 チーム4ができたけどすぐ解散。つぎのチームBでは立ち位置も後ろになり、どうしたら良いか悩んでいました。力不足でどうすることもできず、結果、残ったのは「レモン」のイメージだけ。つらくて辞めようかとまで思いました。その中で希望の光だったのがNMB48との兼任。ただ、偉大な横山由依さんの後任で不安しかなくて、落ちぶれた「レモン」が何をすれば良いんだろうと。それでも同期からは「NMB48のみおりんは輝いて見えるよ」と言われて、本当にNMB48に救われたという気持ちでいっぱいです。

―AKB48グループに在籍した8年間を振り返って思い残したことなどはありますか。

 「ないっ!」て言えるぐらい楽しみました。一番嬉しかったのは兼任時代に出演した『ここにだって天使はいる』公演です。センター曲『おNEWの上履き』もいただけて。一からオリジナル公演を創り上げられたのは貴重な経験でした。

 AKB48やNMB48のシングル曲の選抜メンバーにもなり、総選挙ではランクインも圏外も味わえたのは財産です。16年の『NHK紅白歌合戦』の紅白選抜では第10位に選ばれました。総選挙で上位に食い込むことはできず悔しい思いがあったので、外で活躍できる何かを持ちたいと考えた結果が「レモン」を磨くことでした。そのおかげで「広島レモン大使」に任命されて、これまでの活動が無駄ではなかったと証明できました。「レモン」を信じてきて間違いはなかったです。これで私のアイドルとしてのシンデレラストーリーは完結したと思っています。

1/2ページ

最終更新:4/16(月) 4:43
埼玉新聞