ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

童心に帰り、熱戦でフィナーレ 最後のパッチ選手権に100人が参戦 北海道・陸別町

4/16(月) 12:23配信

十勝毎日新聞 電子版

 今回で最後となる「第30回日産カップオールジャパンパッチ選手権大会in陸別」(実行委員会主催、日産自動車、陸別パッチクラブ、十勝毎日新聞社共催)が15日、陸別町タウンホールで開かれた。陸別をはじめ、帯広や北見などから100人のつわものが集まり、熱気の真剣勝負で有終の美を飾った。

 1989年に始まったパッチ(メンコ)の名人を決める大会。実行委メンバーの高齢化が進んだことから30回を機に区切りを付けることにした。

 競技は大、中、小20枚のパッチを制限時間内で取り合う。盤上から落とす「オトシ」と裏返す「カエシ」が勝ち技。予選、本選に続き、勝ち上がりの選手と前大会上位者による「名人位」決定戦が行われた。

 “ガキ大将”さながら鉢巻き姿の選手たちが「バシッ」という音とともに火花を散らせる戦い。2位となる師範位の座をつかんだ片寄幸二さん(62)=音更町=は「長年出ているがベスト4入りは初めて。うまく流れに乗った。いつか大会が復活することを期待します」と話した。

 司会を務めた実行委事務局長の浜田始さんは「精魂込めて30回やってきたという自負がある。寂しい思いと達成感もある」と声を詰まらせた。(木村仁根)

十勝毎日新聞