ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

今年のGWは混雑避ける? 話題のスポット選ぶ? 2018年GW人気動向ランキング

4/16(月) 9:00配信

くるまのニュース

2018ゴールデンウィークの人気スポットは?

 日本旅行は、ゴールデンウィーク(GW)(国内:4月26日~5月6日宿泊)の予約状況から、人気の方面や旅行動向をまとめランキングを発表しました。

この記事の画像をもっと見る

 5連休だった昨年と異なり、3連休(4月)+4連休(5月)となる今年は、特に近場エリアが人気のようです。

 国内旅行の人気ランキング(前年比較)では、1位が関西(城崎、白浜等)、2位が首都圏、3位が関東(栃木等)という結果です。

 1位の関西は、耐震改修工事完了でリニューアルした施設が多い南紀白浜(和歌山県)や、城崎温泉(兵庫県)等が人気です。現在、南紀白浜のアドベンチャーワールドにはパンダが5頭いて、入場制限なく見学することができ、人気を集めているようです。

 2位の首都圏は、東京ディズニーリゾートが35周年、都内の新たな商業施設開業や上野のパンダ人気等が反映されていると思われます。

 3位の関東は栃木が好調。4~6月は、JR6社が地元観光関係者や自治体、旅行会社と協力して展開する大型観光キャンペーン:栃木ディスティネーションキャンペーン(栃木DC)が開催中ということもあり、直近1ヶ月の伸び率では1位となっています。

 今年のゴールデンウィークの計画がまだ決まっていない方は、このランキング上位にある人気のスポットを選ぶか、混雑を回避してその他を選ぶか、参考にしてみてください。

くるまのニュース編集部