ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ジョルディ・クライフがバルサ技術部門入りか

4/16(月) 15:46配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 元バルサのジョルディ・クライフがイスラエルを離れる決断を下したあと、来シーズンの技術部門の人事においてその名前が急上昇している。いろいろな方面から、すでにクラブが接触しているという情報も入ってきているようだ。

2018年に入って固定されたバルサの先発

 ムンドデポルティーボの情報源によると、バルサのスポーツディレクターについては、経営グループと技術部部門の一部が、ロベルト・フェルナンデスの継続を支持している。彼らはロベルトがこの3年間で積み上げてきた実績を高く評価しているようだ。

 一方、ロベルトを支持していないグループが推すのがジョルディ・クライフである。このグループは、今シーズンの補強がエルネスト・バルベルデを助けるには不足していたと非難している。ジョルディはクラブが必要としている能力を備えた人物で、マッカビ・テルアビブを率いる前にはAEKラルナカ(キプロス)でスポーツディレクターを務めていた。

 仮にロベルトに匹敵するスポーツディレクターをヨーロッパで探すとなると、計算できるのはモンチくらいだろう。しかしこのローマのディレクターは、イタリアに到着して1年で環境を変えるつもりは無いと主張している。ムンドデポルティーボのミゲル・リコ記者は、クラブがジョルディにバルサBを任せる予定だと書いた。ジョルディはフィリアルの指揮官としても十分な経験を備えている。

執筆者:Gabriel Sans