ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

親子カフェがオープン 店員も子育て中のお母さん 鹿児島県奄美市

4/16(月) 13:00配信

南海日日新聞

 子連れで楽しめる親子カフェ「ママざにあ」が15日、鹿児島県の奄美市名瀬港町にオープンした。店員は育児中の母親が中心。キッズスペースを備え、ランチタイムは親子連れなどでにぎわった。

 一般社団法人ママ脳総合研究所(奄美市名瀬、恵夕喜子代表理事)が運営。日替わりランチやドリンク類などを提供する。カウンターと小上がり席の計16客席ある。

 恵さんは2007年にNPO法人ママの働き方応援隊(兵庫県)を設立し、育児中の母親の社会参加を支援してきた。同店従業員は、同法人奄美校のママメンバー約80人から希望者を募った。子どもを連れてきて、働く人もいる。

 1歳の娘を含む家族4人でランチを楽しんだ女性は「子どもが遊んでいる様子を見ながらゆっくり外食ができた。メニューはヘルシーで、味付けもよかった」と話した。

 恵さんは「本格的な親子カフェはおそらく奄美市では初めて。ママの能力を生かせる場を目指す。料理教室やベビーマッサージ講習なども企画していきたい」と話した。

 営業時間は午前10時から午後4時。ランチは午前11時から午後3時。不定休。問い合わせは、電話070(6502)3999ママざにあ。

奄美の南海日日新聞

最終更新:4/16(月) 13:00
南海日日新聞