ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ご当地キャラたち大活躍 福知山お城まつり

4/16(月) 14:21配信

両丹日日新聞

 第31回福知山お城まつり(実行委員会主催)が14、15両日、京都府福知山市御霊公園周辺の中心市街地を主会場に開かれた。天候の崩れが心配されたが、大きな影響はなく、両日で3万4千人(主催者発表)が訪れてにぎわった。

 14日はポカポカ陽気に恵まれて開始直後から親子連れら多くの人出で1万6千人が来場した。14団体約450人が参加する福知山踊りパレードなどがあった。

 荒天の予報に気をもんだ15日も、時折肌寒さを感じる程度で次第に暖かくなり、1万8千人が訪れた。

 ご当地キャラクターたちが事務いすに乗ってレースをする「いす-1グランプリ」が初めて開催され、全国から集まったキャラたちが2チームに分かれて広小路通りの特設コースでリレーをした。

 自走できるキャラは座って自分の足で蹴って進み、足が届かないなど走れないキャラは仲間に押してもらい、観客が笑いながら声援を送っていた。キャラたちは会場を歩き回ったり、ステージにも立ってまつりの盛り上げに一役買った。

 御霊公園の舞殿ステージでは両日、市内の高校・中学校の吹奏楽、仮面ライダーショー、福知山踊り地方演奏、フラダンス、大道芸などがあり、人だかりができた。このほか、福知山のうまいものを集めた食の祭典、手作り市、多くの屋台も並んで、来場者は春の休日を満喫していた。

両丹日日新聞社

最終更新:4/16(月) 14:21
両丹日日新聞