ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

階段も砂利道もなんのその!ワイルドな8輪スケートボード「Stair-Rover」

4/16(月) 12:20配信

bouncy

「スケートボード」といえば、板の前後に4つの車輪がついている、というのが不変のスタイル。しかし国内クラウドファンディングサイトの「GREEN FUNDING」に登場した「Stair-Rover(ステアローバー)」は、なんと8輪のホイールを搭載し階段を下ったり砂利道を走破したりと、高い運動性を実現しているのだ。

「Stair-Rover」のプロジェクトは資金募集を続けており、成立した際には1台2万9800円の出資で入手できる。製品は2018年7月末の出荷を予定しており、もちろん日本国内への配送に対応している。

8個のホイールが上下にシフト

「Stair-Rover」の最大の特徴となる8個のホイールだが、このホイールは「Vフレーム」という特徴的な機構を通して、スケートボードに装着されている。このVフレームのお陰で8個のホイールが独立して上下に跳ね上がり、階段のような大きな段差でもショックを吸収しながら移動できるのだ。もちろん、砂利道や芝生のようなデコボコした路面もスムーズに走行できる。

さらにこのVフレームのしなやかな動作と、ホイールのフロスティング処理のおかげで、まるでクルマのドリフトのような上級者向けの滑りもできる。また、このホイールは市販品とも交換可能だ。

さらに上級者向けの滑りも

スケートボードの本体はカエデ素材、そして構造部分とVフレームはアルミニウム合金と高耐負荷重のプラスチック製で、ハードな走行にも対応可能。製品には刻印入りのフットストップが付属しており、傾斜面でも安心して利用できる。さらに、持ち運び用のハンドル穴も用意されている。

もともとは台湾企業のAllrover(オールローバー)が、2014年にクラウドファンディングを通して開発した8輪ホイールのスケートボード。今回のモデルはその反響を受けて改善を取り入れた最新モデルとなる。またそのアイディアは、海を滑るロングボードやサーフィンをスケートボードに組み合わせたら……という発想から誕生したそうだ。
・ ・ ・

砂利道から階段まで、さまざまな場所での走行を可能にした「Stair-Rover」。これまでのスケボーよりも、さらにアクテイブなライディングが楽しめそうだ。

GROW

Viibar.Inc

最終更新:4/16(月) 12:20
bouncy