ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

石灯籠が落下 歩道の男性死亡  三重・伊勢市

4/16(月) 12:51配信

三重テレビ放送

【閲覧注意】の場面が含まれています

石灯籠が落下して男性死亡=伊勢市(三重テレビ放送)

 14日午前、三重県伊勢市の「御幸道路」沿いに建てられている石灯籠に路線バスが接触し、灯籠の一部が落下して歩いていた男性にぶつかり、この男性が死亡しました。

 14日午前9時55分ごろ、伊勢市楠部町の御幸道路で、内宮と外宮を循環する路線バスが「徴古館前」バス停に停車しようとした際、車体の左前部のサイドミラーが、停留所の前に建てられている石灯籠と接触しました。

 この弾みで、灯籠の上の部分が伊勢市神田久志本町の無職・西澤政信さんの頭の上に落下しました。

 西澤さんは病院に運ばれましたが、約1時間後に死亡が確認されました。

 警察によりますと、バスには乗客10人程度が乗っていましたがいずれもケガはなく、全員その場でバスを降りたということです。

 バスを運行する三重交通によりますと、運転士の体調などに問題はなく、運転士は「バス停の近くで少し寄り過ぎてしてしまった」と話しているということです。

三重テレビ放送

最終更新:4/16(月) 12:51
三重テレビ放送