ここから本文です

新緑の森彩る オオシマウツギ 鹿児島県奄美大島

4/16(月) 13:01配信

南海日日新聞

 鹿児島県の奄美大島でオオシマウツギが満開になっている。奄美固有の落葉低木。低地や山地の林縁に自生する。小さな白い花が集まって咲き、新緑の森を彩っている。

 1921年、植物学者の中井猛之進博士が命名した。学名は「ドイッチャ(ウツギ属)ナセアーナ(名瀬の)ナカイ」。鹿児島県のレッドリストで準絶滅危惧種に分類されている。

奄美の南海日日新聞

最終更新:4/16(月) 13:01
南海日日新聞