ここから本文です

欅坂46・長濱ねる、デビュー2周年記念日に振り返るオーディション当時の心境

4/16(月) 0:30配信

ニッポン放送

アイドルグループ・欅坂46の長濱ねるがパーソナリティを務めるラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」が放送され、メンバーが欅坂46のオーディションを受けたときの心境が改めて語られた。

毎回メンバーの1人をパートナーに迎えてトークしていくこの番組だが、今回は長沢菜々香が登場。番組に届いた普通のお便り、通称“ホシオタ”を紹介するコーナーを2人で展開した。

放送日である4月6日は、2016年に1stシングル『サイレントマジョリティー』がリリースされた日で、欅坂46にとってはデビューから2周年の記念日。そんな折にリスナーから届いた「(乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の)オーディションを受けたいが、応募する勇気がなくて迷っている」というメールを受け、2人がオーディションを受けた当初の心境を振り返った。

長濱:(オーディションに応募するとき)どんな感じだった?菜々香ちゃんは。

長沢:高3のときに受けたから、これが最後かなぁみたいな。

長濱:それまでも(他のオーディションを)受けてたんだっけ?

長沢:そうね、2回。でもそれまでは、そんなにしっかり受けてなくて。

長濱:うんうん。

長沢:どうせここで受かっても、上京できる感じじゃなかったから。でも(欅坂のときは)上京できるかなと思ったから一番頑張った。

長濱:そうなんだ。

長沢:ねるは?

長濱:私は初めてオーディションに応募したからさ。

長沢:初めてなんだ。

長濱:受かると思ってないから、そんなに深く考えずに応募しちゃって。

長沢:うんうん。

長濱:アイドルになってどうですか?

長沢:え~どうだろう。でもイメージと全く違うよね、見てた感じと。

長濱:でもやらないよりは、絶対やってみた方がいいし。

長沢:そうね。

長濱:やれるときにね。限りがあるし。

オーディションを勝ち抜いてアイドルになった自らの経験を踏まえて、これからアイドルを目指すリスナーにエールを送った2人。これから3周年に突入し、さらなる躍進を遂げていくであろう彼女たちに期待したい。

(4月6日(金)深夜放送 ニッポン放送「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」より)

ニッポン放送

最終更新:4/16(月) 0:30
ニッポン放送