ここから本文です

「手応えを感じています」 戸田恵梨香&大原櫻子ダブル主演『あの日のオルガン』クランクアップ、コメント到着

4/16(月) 8:00配信

ぴあ映画生活

第2次世界大戦末期、東京都品川区戸越にある保育士たちが、園児たちと疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた実話を描く映画『あの日のオルガン』。1ヶ月に及ぶ撮影がクランクアップを迎え、主演を務めた戸田恵梨香と大原櫻子よりコメントが届いた。

『あの日のオルガン』その他、画像

『家族はつらいよ』『母と暮せば』など、長年山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子がメガホンを握った本作。戸田恵梨香と大原櫻子が疎開保育園の保育士を演じた。

戸田は「みんなの母となれるよう、お姉さんになれるよう、大きな心でどしっと構えていられるように心掛けていました」と演じる上で心がけていたポイントを語る。さらに子供たちに囲まれた微笑ましい撮影現場ではありながらも、戦時下の物語ゆえの重いシーンもあったと続ける戸田。「精神的にきついことが続きましたが、有意義な時間ですごい作品が出来るんじゃないかと手応えを感じています」と本作への自信を覗かせた。

一方、野々宮光枝を演じた大原は、他の保育士が子供たちを守ろうとしているなか「光枝の場合は子供たちと楽しもうと意識しました。日常に笑顔を探していました」と振り返る。そんな笑顔の大原に子供たちからはカットがかかるたびに抱っこのリクエストが殺到したそうだ。公開を楽しみにしているファンに向けて「心が苦しくなるシーンもあるのですが、この作品はコミカルな部分があったり、子供たちの笑顔に見ている人もふと笑顔になる作品になると思います。タイトルの『あの日のオルガン』にもある、音楽のシーンも楽しんで欲しいなと思います」と見どころを語った。

ダブル主演を務めた戸田と大原は、今回が初共演となる。戸田は大原に対して「前を見ている姿が私にとって心の支えでした」と語り、大原は戸田に対して「気さくで、かわいくて、会ったらもっと好きになりました」と、ハードな撮影を支え合って乗り越えた様子を伺わせる。ふたりの息の合った演技にも注目だ。

また、豪華な追加キャストも発表された。疎開先の世話役・近藤作太郎役に橋爪功。作太郎の妻・近藤梅子役に松金よね子。作太郎の次男・近藤信次役に萩原利久。板倉楓が勤める戸越保育所所長・脇本滋役に田中直樹。戸越保育所と合同で児童疎開をする愛育隣保館の主任・柳井房代役に夏川結衣。楓らに自身の子供を預ける疎開児童の父母に林家正蔵、陽月華、山中崇、田畑智子など、実力俳優たちが脇を固める。

『あの日のオルガン』
2019年2月新宿ピカデリーほか全国公開

最終更新:4/16(月) 8:00
ぴあ映画生活