ここから本文です

16年ぶり史上4人目の2連覇、ジョンソンが激闘制し今季初V<男子テニス>

4/16(月) 10:37配信

tennis365.net

フェイズ・サロフィム&Co. 米男子クレーコート選手権

男子テニスのフェイズ・サロフィム&Co. 米男子クレーコート選手権(アメリカ/ ヒューストン、クレー、ATP250)は15日、シングルス決勝が行われ、第6シードのS・ジョンソン(アメリカ)が第8シードのT・サングレン(アメリカ)を7-6 (7-2), 2-6, 6-4のフルセットで下して2連覇を果たし、今季初優勝を飾った。

【錦織vsベルディヒ 1ポイント速報】

決勝戦、ファイナルセットでジョンソンは第9ゲームでブレークに成功。続く第10ゲームではマッチポイントでサングレンのリターンがアウトし、2時間22分で激闘に終止符が打たれた。

米男子クレーコート選手権で2連覇を成し遂げたのは、2001・2002年のA・ロディック(アメリカ)以来16年ぶり。また、米男子クレーコート選手権を2年連続で制したのは、大会史上4人目となった。

敗れたサングレンは、惜しくもツアー初優勝とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:4/16(月) 10:37
tennis365.net