ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

陥没事故受け、下水管緊急点検

4/16(月) 18:50配信

九州朝日放送

九州朝日放送

先月、北九州市で起きたコンクリート製の下水管の腐食が原因とみられる道路の陥没事故を受け16日から危険個所の緊急点検が始まりました。北九州市小倉北区では、作業員が地下7mに埋設された下水管まで降り、腐食がないか目視で確認しました。先月27日、北九州市門司区で起きた道路の陥没事故は、下水管の中で発生した硫化水素でコンクリートが腐食し、壊れたことが原因と見られています。市は昨年度から5年計画で腐食が疑われる下水管の点検を進めていましたが、今回の事故を受け、まだ終わっていない18キロについて、来月末までに緊急点検するとしています。

最終更新:4/16(月) 18:50
九州朝日放送