ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ゼイン・マリク、新曲はジジ・ハディッドとの恋を歌ったものだった!

4/16(月) 22:22配信

ELLE ONLINE

ライアン・シークレストのラジオ番組に出演したゼイン・マリク。新曲「Let Me」はジジ・ハディッドとの交際を題材に書いたものだと明らかにした。

【写真】電撃破局!ゼイン・マリク&ジジ・ハディッドの愛の軌跡を振り返り

この曲は7、8か月前に書いたものだと語ったゼイン。当時を振り返り「僕は恋をしていた。それは明らかだったと思う」。「Let Me」では「僕を君の恋人にしてくれ/もし君の恋人にしてくれたなら君を愛してあげられる/君を守ってあげる/残りの人生、僕はずっと君のものだ」と熱く歌っているけれど、これは彼の当時の心境そのものだったみたい。「僕は残りの人生をかけてある人を愛したいと熱望していた」とコメント。でも「物事は変わるんだ。僕たちは人生を前に進まなくてはいけない。でもこの曲を書いたときにはそう思っていたんだ」。

「僕たちは色々なことを経験する。そこから書き残したい、深く考えたい記憶や物語を得る。そして自分の経験を何かで表現するようになる。それは永遠に記憶に残るだろう」とも。ちなみにゼインは先月ジジと別れた後、インスタグラムの写真をすべて削除。ジジと撮ったセルフィーも消してしまった。写真では残さない分、きっと音楽で表現していってくれるはず。これからリリースされる曲は歌詞をしっかり深読みしたい!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:4/16(月) 22:22
ELLE ONLINE