ここから本文です

母の日のプレゼントも「無印良品」で  高齢の方にもやさしい商品があります

4/16(月) 12:01配信

マネーの達人

「重なるラタン角型バスケット大」

ヘビロテの衣類入れに「重なるラタン角型バスケット大」(税込み4890円)。

無印良品というと、若い人に人気があるイメージですが、実は高齢者にやさしいモノもたくさんあります。

母の日のプレゼントに、エプロンやマグカップを贈る人は多いのですが、高齢の母は、すでに必要なモノは持っているものです。

かといって、高齢者に便利なグッズを探してみると、おしゃれとはかけ離れたモノばかりではないでしょうか。

無印良品の商品は、シンプルなデザインのため、年齢や性別に関係なくおしゃれなプレゼントをみつけやすいのです。

高齢になると、座っている状態から立ち上がるときに膝に痛みを感じる人が増えます。

そのため「洗濯物をたたんでタンスにしまう」という一連の動作が大変になるのです。

とくに肌着や靴下は、ヘビロテアイテムのため、タンスにしまってもすぐに取り出す必要があります。

そんなヘビロテアイテムは、タンスではなく「かご」にしまいましょう。

無印良品の「重なるラタン角型バスケット大」ならば、底面に段があるため通気性がいいのです。

プラスチック製の衣装ケースに衣類をしまっておくと、底面に近い衣類は湿気を吸ってしまいます。

無印良品には「重なるラタン角型バスケット」に似た商品で、「重なるバクバク長方形バスケット」という商品もあります。

形は似ているのですが「バクバク長方形バスケット」は、繊維が衣類にひっかかるため、布製品入れには適さないでしょう。

「重なるラタン角型バスケット」は、製造工程の最後で飛び出た繊維を焼きます。

「かご」の欠点である毛羽立ちをしっかりと処理してあるため、衣類を入れてもひっかからず使うことができます。

身の回りに「重なるラタン角型バスケット」を一つ置いておけば、洗濯物をたたんだら入れて、一番上にお気に入りの布を目隠しにかぶせておけばいいのです。

この方法は、自宅にホームヘルパーが来るようになったときにも便利です。

いちいち「肌着はタンスの一段目、靴下は隣の部屋の引き出しにある」と説明しなくても、「このかごの中」で済みます。

1/3ページ

最終更新:4/16(月) 12:01
マネーの達人