ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

東京モノレール、シンボルマーク刷新へ 「M」と「O」で羽田アクセスを表現

4/16(月) 17:20配信

乗りものニュース

新マークは7月ごろから展開

 東京モノレールは2018年4月16日(月)、会社の新しいシンボルマークを発表しました。

【写真】東京モノレール2000形と赤いマーク

 同社は開業から53年の2017年に乗車20億人を達成。「これまでの感謝を忘れずに、さらなる未来に向けて、社員一人ひとりが未来を切り拓き、しなやかな組織を目指すべく」(東京モノレール)、シンボルマークを刷新するとしています。

 新マークは「MONORAIL(モノレール)」に由来する「M」と「O」で構成。青い「M」の字は上昇をイメージしており、会社の飛躍や航空便との親和性、モノレール、青空を表現しています。緑の「O」の字はモノレールとJR山手線の一体感をイメージし、沿線の水辺の緑地を表現。下部の「HANEDA」は、羽田空港と一体となった交通機関であることを表現しています。

 この新しいシンボルマークは、7月ごろから広く使用が開始される予定です。

乗りものニュース編集部