ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

公約の「汚染廃棄物」夏以降焼却に着手へ 大崎市 伊藤市長「一定の理解得た」

4/16(月) 19:50配信

仙台放送

仙台放送

宮城大崎市長選で4選を果たした伊藤康志市長は16日、放射性物質に汚染されたいわゆる汚染廃棄物の焼却処理に夏以降、着手する考えを示しました。

大崎市 伊藤康志 市長
「6月の議会に向けてご理解をいただく手続きと予算措置を並行して進めていきたい。9月議会前に試験焼却を開始したいと思っています。」

伊藤市長はこのように話し住民への説明を続けた上で、試験焼却のための予算案を6月の市議会に提出し、可決された場合、夏以降、試験焼却に着手する考えを明らかにしました。
伊藤市長は公約に汚染廃棄物の「焼却による早期処理」を掲げていて、7割以上の得票で当選したことで焼却処理にも一定の理解が得られたという認識を示しています。

最終更新:4/16(月) 19:50
仙台放送