ここから本文です

横浜DeNAラミレス監督の“神采配”に小田幸平氏が持論 「選手の性格、調子をすべて把握している」

4/16(月) 19:48配信

AbemaTIMES

 4月15日に行われた対中日3回戦に勝利して「17年ぶりの8連勝」。勝率.643で単独首位を守った横浜DeNAベイスターズ。開幕からしばらくは投打がかみ合わずに苦しい状況が続いたが、その状態を好転させた要因の一つに「ラミレス監督の采配」がある。

 開幕戦に1番で起用するなど期待を寄せた桑原を5試合目でスタメンから外し、14日の対中日2回戦で走塁ミスを犯した楠本を即座に交代、その日のうちに「二軍行き」を命じるなど、今年のラミレス監督の決断はとにかく早い。

 15日の対中日戦、AbemaTVで解説を務めていたプロ野球解説者の小田幸平氏は「競争が生んだ8連勝」と話し、昨シーズンとの違いを次のように述べた。

「昨年までのラミレス監督は、選手を信頼してとにかく我慢を続けた。しかし今シーズンは違う。決断が早い。かといってこれは、選手への信頼欠如を表すものではない。“愛を持った厳しさ”といえる。結果として選手には“ここで結果を出さないと”という『1プレイに対する緊張感』が生まれた」と話し、競争原理が良い方向へ働いた結果だと分析した。

 小田氏はさらに、「ラミレス監督は練習中、常に選手とのコミュニケーションを図っている。選手の性格、調子をすべて把握しているからこそ、ときに非情とも思える采配を振るうことができる。私が現役時代、投手に接するとき、厳しいことを言って奮起する選手もいれば、落ち込む選手もいた。すべてを把握しているからこそなんです」と、自身の経験を踏まえて持論を展開した。

 1番から降格した桑原、登録を抹消された楠本については、「彼らの奮起を監督は信じている。彼らがもう一度這い上がってくることが、自身のため、チームのためになる。そうなることで、本当に強いベイスターズができあがる」と桑原、楠本の復調に期待を示した。

 思い切った采配を可能にさせる「選手層」にも話が及ぶと、「今、セ・リーグを見回して若手が順当に伸びてきているのは、横浜と広島の2球団くらい」と小田氏。奇しくも現在、首位のベイスターズを0.5ゲーム差で追うのは、その広島東洋カープである。シーズンはまだ始まったばかり。今シーズンもセ・リーグの戦いから目を離すことができない。

最終更新:4/16(月) 19:48
AbemaTIMES