ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

車体価格400万円台で選ぶ、おすすめ輸入車9台

4/16(月) 20:25配信

All About

◆「トータルコストの比較」で憧れのクルマ選びを

新車価格400万円台から選ぶ、ともなれば、誰もが知る憧れのメジャーブランドを代表するDセグメントモデルが、こぞって射程距離に入ってくる。

実際には、人気のグレードでオプションを選べば、すぐに乗り出し600万円近くになってしまうクラスだ。逆にいうと、それくらいの予算感を覚悟して挑むことさえできれば、ベースグレードの価格差ではなく、オプションを含めたトータルコストを比較検討することで、憧れのブランドをもっと積極的に選ぶこともできるというわけだ。

つまり、単にベースモデルの価格で決めてはいけないということ。高いからと言って好きなクルマをすぐに諦めてしまうのではなく、何かひとつオプションかグレードを妥協することも考えたい。

高いからと第一希望を諦めて、価格の安い第二、第三希望で検討し、実際に買ってみたら、オプションやら何やらでトータル金額もけっこうな額(たいてい、最初の予算より膨れ上がる)になり、そこまで出すんだったらハナから第一希望のモデルで、何かひとつ装備かグレードかを我慢すれば買えたじゃないか、なんてことがよく起きる。それは、後悔のもとだ。それに第一希望が人気車であれば、リセールバリューの違いから、トータルでみれば当初の価格差なんて関係ないという事態もありえる。車両本体価格400万円以上の高額な輸入車を狙うときは、自分の好みを最優先しつつ、リセール(=人気)も含めた、トータルバリューを気にしておきたいものだ。


もっとも、リセールバリューのために、好みを妥協するなんてこともまた、本末転倒だと思う。バリューというからには、所有している間の、自分自信の満足度も十分に考慮しておきたいところ。その価値を価格に置き換えるのはとても難しいことだけど、毎日乗るクルマなのだ。多少の価格差であれば、好み(色など)を優先したほうが、気持ちよく付き合っていけるし、後悔しないに決まっているということを、あらかじめ知っておいて欲しい。

1/3ページ

最終更新:4/16(月) 20:25
All About