ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

霧島市でPM2.5が比較的高い濃度

4/16(月) 18:30配信

MBC南日本放送

微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が霧島市で高くなっていて、鹿児島県は濃度情報を発表し、外出する際のマスクの着用などを呼びかけています。

県によりますと、霧島市のPM2.5の濃度は、午後3時から5時までの3時間の平均で1立方メートルあたり76.7マイクログラムと、比較的高い濃度だということです。
濃度が高くなった原因として、県内で15日から16日にかけて観測されている黄砂が影響しているとみられています。

県は、外出する際にマスクの着用などを呼びかけるとともに、県のホームページにPM2.5の測定結果を掲載しています。

MBC南日本放送 | 鹿児島

最終更新:4/16(月) 18:30
MBC南日本放送