ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

列車運休で観光客帰宅できず 高山市が宿泊先提供

4/16(月) 8:24配信

岐阜新聞Web

 岐阜県高山市は15日、強風のため14日夕からJR高山線の列車が運休となり帰宅できなくなった高山祭の観光客16人に、宿泊場所などを提供した、と発表した。
 提供を受けたのは、帰宅が困難になった観光客約20人のうち、希望した16人(うち11人が外国人)。同市花岡町のひだホテルプラザが市から要請を受け、宴会場や風呂を無料で開放した。
 市は災害などにより帰宅困難者が発生した場合、施設を提供して一時的に受け入れてもらう災害時応援協定を2012年に市内3ホテルと締結しており、今回初めて協定に基づいて対応した。市観光課は「高山祭のため宿泊先の確保が難しいと判断し、提供した」としている。
 JR西日本によると、高山線は14日、高山―富山間の主に猪谷-越中八尾間などで特急3本、普通11本が運休、約1100人に影響が出た。

岐阜新聞社

最終更新:4/16(月) 8:24
岐阜新聞Web