ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大分山崩れ、新たに性別不明遺体…身元確認急ぐ

4/16(月) 0:59配信

読売新聞

 大分県中津市耶馬渓(やばけい)町金吉(かなよし)で起きた山崩れで、15日夜、新たに性別不明の遺体が見つかった。

 県警は安否が不明になっている女性4人のうちの1人とみて身元の確認を急ぐ。これで死者は3人になった。

 県災害警戒本部によると、遺体は同日午後10時25分頃に見つかり、現場で死亡が確認された。

 山崩れは11日未明に発生。自衛隊が夜を徹するなどして捜索を続けていたが、14日夕に降雨や霧で中断。天候が回復した15日午後、約21時間ぶりに捜索を再開し、遠隔操作できる国土交通省の無人重機で土砂を撤去するなどしていた。これまでに安否不明だった6人のうち男女2人の死亡が確認されていた。

 大分地方気象台によると、耶馬渓町周辺は16日の日中は晴れるが、17日は一部で弱い雨が降る可能性があるという。

最終更新:4/17(火) 23:09
読売新聞