ここから本文です

アルモンテが週間4冠、柳は完封1号、山崎4S…18年第3週投打5傑【セ編】

4/16(月) 17:37配信

Full-Count

DeNAが負けなし、打者はアルモンテが大活躍

 2018年シーズンの第3週、5カード目を消化し、セ・リーグは球団の好不調が明確になってきた。今週の投打成績を見ていこう。

各球団発表、2017-2018年の引退、戦力外、自由契約、補強選手一覧

【セ・リーグNPB第3週(4/9-4/15)】

1DeNA(6試合6勝0敗0分、勝率1.000)
2広島(6試合3勝3敗0分、勝率.500)
2阪神(6試合3勝3敗0分、勝率.500)
2中日(6試合3勝3敗0分、勝率.500)
5ヤクルト(6試合2勝4敗0分、勝率.333)
6巨人(6試合1勝5敗0分、勝率.167)

 DeNAは前週から引き続き8連勝中。対照的に巨人は1勝5敗と大きく負け越した。この1週間だけで両チームのゲーム差は5.0も開いたことになる。

【打者5傑】

○安打
1アルモンテ(中)11
2宮崎敏郎(De)10
2ロペス(De)10
4山田哲人(ヤ)9
5丸佳浩(広)8
5ゲレーロ(巨)8

○本塁打
1アルモンテ(中)3
2菊池涼介(広)2
2ロペス(De)2
2筒香嘉智(De)2
2マギー(巨)2

○打点
1マギー(巨)8
1アルモンテ(中)8
3ビシエド(中)6
4丸佳浩(広)5
4糸井嘉男(神)5
4ロペス(De)5
4筒香嘉智(De)5

○盗塁
1神里和毅(De)2
1桑原将志(De)2
1大島洋平(中)2
1盗塁10人

○打率(規定打席以上)
1アルモンテ(中).524
2宮崎敏郎(De).455
3丸佳浩(広).421
4ロペス(De).417
5糸井嘉男(神).412

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1アルモンテ(中)9.09
2丸佳浩(広)7.48
3糸井嘉男(神)6.78
4ロペス(De)6.23
5宮崎敏郎(De)6.22

 中日の新外国人アルモンテが11安打、3本塁打、8打点、打率.524で、圧倒的な週間4冠王となった。連勝中のDeNAではロペス、宮崎、筒香の中軸が元気がいい。

1/2ページ

最終更新:4/16(月) 18:02
Full-Count