ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

田中正義の2番手…池田を支えた楽天沖原スカウト

4/16(月) 11:46配信

日刊スポーツ

<とっておきメモ>

 楽天2年目の池田隆英投手(23)が、1軍登板3試合目でプロ初勝利を挙げた。首位西武の強力打線に6回1/3で11安打を浴びながら5失点と粘った。

【写真】プロ初勝利を挙げた楽天先発の池田は岡島(左)と「バーン」

   ◇   ◇   ◇

 いつも2番手だった。佐賀から上京し、東京の創価高に入学。そこに田中正義(現ソフトバンク)がいた。創価大に進学した後も、常に自分の前に立ちはだかった。「スカウト来ているなって思うと正義が投げる日。自分の時は、ほとんどいない状態で」。大学4年秋に最多勝、最優秀防御率を獲得したが、「プロに行けると思っていなかったです」。プロ志望届を提出したが、自信はなかった。

 そんな中、心の支えだったのが楽天沖原スカウトだった。「誰もいない球場で、1人いるなって。いつも沖原さんでした」と刺激になっていた。昨季は故障で1軍登板を逃したが「大丈夫だから。焦らなくても大丈夫だから」と背中を押された。「自分を見ていてくれた人。この人のためにも頑張らないといけない」と心に誓い、マウンドに上がった。【楽天担当=栗田尚樹】

最終更新:4/16(月) 12:05
日刊スポーツ