ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

渋谷すばるは音楽も笑いも全力で楽しむ/こんな人

4/16(月) 7:52配信

日刊スポーツ

 関ジャニ∞渋谷すばる(36)がグループから脱退し、今年12月31日をもってジャニーズ事務所から退所することを15日、発表した。海外を拠点に音楽の勉強に専念するため。都内で会見を開き“男の決断”の背中を押された。ジャニーズのグループが、メンバー脱退の際に他のメンバー同席の上で会見を行うのは初。7月15日からの5大ドームツアーには参加せず、同日から実質脱退となり、関ジャニ∞は6人体制となる。

【写真】会見する関ジャニ∞渋谷すばるら

 ◇  ◇

 渋谷は「音楽人」と「大阪人」の両面を併せ持っている。

 人一倍音楽愛が強く、16年に開催したソロツアーのタイトルは「渋谷すばるソロライブツアー2016 歌」。「まずは歌にこだわりたい」という希望で、派手なセットなどはなくし、ストイックに音楽と向き合った。2月27日に東京・両国国技館で行われた千秋楽では、バンドメンバー紹介時に約15分にわたってアカペラも披露し「一生、死ぬまで音楽続けていきますっ!」と宣言していた。

 一方、関ジャニ∞のライブでは、司会業で大忙しの村上に対し「忙しいな~。ほんま、しゃべるたびに忙しいな~」と「大阪によくいるおじちゃん」のものまねで笑わせた。コントの演出では大倉と2人で1つのベッドに入り、布団にもぐりこんでファンに悲鳴を上げさせた。この日の会見でも「バラエティー番組嫌い」を否定したように、音楽も笑いも全力で楽しんでいた。

最終更新:4/16(月) 8:30
日刊スポーツ