ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

早実2者連続弾など6回コールド8強 次戦は関東一

4/16(月) 16:29配信

日刊スポーツ

<高校野球春季東京大会:早実10-0国学院久我山>◇4回戦◇16日◇神宮第2

 早実が2者連続弾などで6回コールド勝ちを収め、8強入りを決めた。

 0-0の4回に試合が動いた。2死満塁で9番の江本達彦内野手(3年)が満塁弾を放った。「本塁打は練習試合も含めて初めて。感触がよく分からなかった」と値千金の1発に苦笑い。続く1番の茅野真太郎外野手(2年)も触発され、公式戦初本塁打を放った。

 コールド勝ちを決める10得点目は主将の野村大樹捕手(3年)の左前打だった。和泉実監督は「江本は思いきりがいい。本塁打まで出るとは思わなかったが、打ってくれると思っていた。(主将の)野村にしても、3年生は特に、清宮たちが抜けて『自分が何とかしないと』という気持ちがある。はたから見たら力んでいるように見えるかもしれないが、チームも含め彼の向上心がそうさせている。これから競る試合が来た時に、彼らの真理が見える。ひと冬越えてどうか、楽しみにしたい」と準々決勝の関東第一戦を見据えた。

最終更新:4/16(月) 17:11
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/21(土) 17:00